買い物カゴを見る マイページへログイン(会員登録) ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
ポイント5倍セール
ポイント5倍セール:12月11日〜16日のご注文に限ります。 

燕三条背脂の歴史

磨き工場

背脂ラーメンの発祥の地 燕三条

新潟県は全国でも屈指の「ラーメン激戦区」として、ラーオタに知れ渡っています。その中でも突出しているのがここ燕三条の背脂ラーメンなのです。燕は全国一の洋食器の産地として昭和の始めに隆盛を極めました。当時は残業×2でご飯を作る時間もなく町のラーメン屋の出前に集中しました。ところが届いたラーメンは麺が延び上がりスープも冷たく食べられたものではありませんでした。

そこで一軒のラーメン屋さんが麺をぶっとくし煮干醤油味のラーメンスープにそれまで見向きもされなかった豚の背脂を入れたところ大人気となりました。

嗚呼これが燕三背脂なのだ多加水熟成の背脂醤油ラーメン

麺はもっちりとコシがあり、スープは肉体労働者に喜ばれるよう背脂を入れることによりこってりなのにあっさりとした醤油ラーメンスープの味わいとなりました。

この燕のラーメンがお隣の三条にも広がり、ここ燕三条は「背脂でなければラーメンでなし」とまで言われるようになりました。(その反面お隣の三条市ではあっさり系の醤油ラーメン、カレーラーメン、焼きそば等、実に多様なラーメン文化が息づいています)

当サイトの「燕三条背脂ラーメン」は燕三条を知り尽くした製麺所芳賀が打ち切れ刃11番で切った多加水熟成の極太麺です。

又スープは旨さをそのまま詰めた「ストレートスープ」です。どうか本場の燕三条背脂ラーメンの通販をご利用ください。

ページトップへ